進学校なら「自律自制」は果たして通用するのか

生徒が部活動運営、驚きの取り組み 顧問の“拒否権”も 横浜の高校 教師の負担軽減にも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00010001-nishinpc-soci

論題は素晴らしいのですが,注釈を1つ:
これは「希望ケ丘高校だから出来る」のであって,必ずしも「進学校だから出来る」ではないように思われます.
記事注意にもある通り,同校は

>東大安田講堂で学生と機動隊が激突した1969年、この高校でも生徒たちが声を上げ、生徒心得(校則)と制服が廃止された。

という歴史をもっています.
このバックグラウンド無くしては,本件記事のような“偉業”も成り立たない.

かく言う筆者の母校では,制服の制度廃止(「標準服」化)が,生徒ら自身によって否決された,という有様です.往時は進学校として希望ケ丘よりも格上だったはずですが…

Share

青チャートを使いこなせていない受験生のために

さて,それでは,前回記事で述べた「青チャート使用可」水準に達していない受験生は,どうすれば良いのでしょうか.

結論として,先ず今後の受験勉強で青チャートを使う機会は無い(かもしれない)と,覚悟を決めて下さい.

その上で,「補充学習」を徹底する必要があります.

高校数学教科書+市販の教科書ガイドで「章末問題」までを解けるようにするか,あるいは進学校で4STEPやスタンダード等の傍用問題集が「解答・解説別冊」込みで配布されている場合には,それらを使って学習を進めます.例題及びB問題を解けるようになるのが目標です(時間が足りない場合には,傍用問題集なら*印の問題を抜粋して使用).

ここまでの段階で,前述の「センター9割」には届くはずですが,もし足りない場合には,一旦センター試験即応型の問題集を追加して,得点力の底上げを図り「目に見える」成果に到達しておく事も大切です.
さらに上を目指す場合には,黄チャート(レベル5問題は除く)か,同程度の水準の教材を追加すれば,「1対1対応の演習」の手前段階までは届くでしょう.

Share

「青チャート」は使い方が難しい

以前記事http://wp.me/p6S43T-6nで「手元の青チャート」などと盛大にdisっておった訳ですが,この意味するところをもう少し丁寧に述べ直してみたいと思います.

まず根本的に,青チャートは使いどころが難しい教材です.和田秀樹氏の古い著書「青チャートで東大理IIIも受かる」の文言が現代果たしてどれほど通用するかはともかく,この教材の「目指す水準」は相当高いものがあります.

従って,当然の事ながら,「入り口」のハードルの高さが気になります.高校数学の初学者から始めて,青チャートへ接続すべきモデルプランとなる学習計画は,筆者の指導経験の限りでも今一つ思い浮かびません.

端的に言うと,「青チャートを使いこなせる人には,青チャートは要らない」のです.
…これは無論,反面のある言い回しであって,実際には「青チャートを使える学力水準に満たないのに,あまりにも無理をしている」受験生の何と多い事か(!).
実際,筆者の仕事の多くは,先ず斯様に無茶な教材と格闘して「負傷」しかかっている受験生を,差し止めて説得するところから始まります.皮肉な事に.

それでも青チャートを使いたい人へ:先ずセンター試験の過去問で,数学IAIIB合計9割以上の得点が出せる事を確認して下さい.指導経験上,青チャートをマトモに使って良い学力水準はこのあたり以上です.

但し,この水準に満つる受験生にとっては,青チャートはもはや無用の長物(特に物量が多過ぎる,割に最終目標に対してレベル不足)かもしれません.そこまで到達したなら,受験勉強の中級編以上に進んでも良いでしょう.典型教材として例示すれば「大学への数学 1対1対応の演習」等の水準です.

Share

東大合格者数ランキングに見る「日本の大学凋落」への懸念不安

難関・有名大学合格者ランキングの,サンデー毎日・週刊朝日等の「確定版」が出揃いましたね.
これを見て思うところは諸々有るのですが,1つには「今までそこまででもなかった高校の躍進」が人数的に目につく,という点です:特に東大合格者数1桁台での実績をつぶさに眺めていると,その傾向が気になり始めます.

 

他方で,世界の教育における日本の大学が占める位置は,斯くの如くなっています(情報 thanks to 旧友Ralf氏):

Best Global Universities for Computer Science in Japan
https://www.usnews.com/education/best-global-universities/search?country=japan&subject=computer-science&name=

この2つの情報を並べて見ると,「日本の大学は既に逃げられているのではないか」という懸念が,つい脳裏に浮かびます.

 

日本の大学入学選抜事情は前回記事でも概観した通りですが(なお続報「共通テスト、民間活用に大学は及び腰 「合否判定に使わない」東大の方針が影響 疑問の声相次ぐ」https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/403938/),その結果が単にガラパゴス化のみならず「退化」あるいは「斜陽」とあっては,襟を正す暇も無いほどに危機感を持たなければ到底生き延びて(survival)いけないでしょう.

統一試験を骨抜きにしている場合か,と苦言を呈する一方で,「そんな程度では使い物にならない」との評にも異論を呈せない程度と,筆者には見えております.

せめて日本の高等学校がマトモに機能してくれれば,と思わずには居られないのですが….

Share

東大の意向を汲まなければ教育カリキュラムは「骨抜き」になる

元情報はこちらです:

東大、英語民間試験を使わない方向 大学入学共通テスト
https://www.asahi.com/articles/ASL3B51M8L3BUTIL013.html

東京大学はこれまでにも,大学入試センター試験における英語リスニングの得点を合否判定に用いない(配点0)など,独自の意向を強く打ち出してきていました.

また,斯様な論点に際しては,往時幾分ぼかして述べていたものの,当サイト記事でも概観していた通りです(「大学受験コンサルの思う事」http://wp.me/p6S43T-7A).

 

「なんで東大(あるいは国大協)が全国統一試験の結果を無視するの?」と思われる方もあるかもしれませんが,

端的に「そんなものは基準として使えないと認識されているから」

です.

 

現在(まで長らく),東京大学入学試験の英語問題は,主に駒場キャンパスを活動拠点とする教員らによって作成されてきています.(手元に情報ソースが無いのですが,例えば「東京大学新聞」では,しばしば出題者インタビュー等の形で責任発言を取っている記事を見る事が出来ます.)
その中には当然の如く英語ネイティヴ教員も多数在籍しており,外国語教育環境として考えた際にも決して「ぬるくない」し「申し分無い」と評して過言ではないでしょう.

そんな東大駒場教員陣に無視される統一入試制度が,結果「骨抜き」になる此の刺し合い状況.
もはや言うまでもなく,日本の教育の地盤沈下は目に見えており,このままでは「逃げるが勝ち」状態に陥りかねません.

 

これは何も英語に限った話ではなく,”世界トップクラスのカリキュラム”(http://wp.me/p6S43T-7E)を誇る日本の学校教育制度は,一体いつになったら有効に機能してくれるのでしょうか.

Share

国公立大学後期試験への取り組み方

本日までに多くの国公立大学で2次試験前期日程が終了し,これから後期日程に向けてあらためて試験対策に臨まれる受験生も少なからず居る事と存じます.

後期入試対策の原則は,既に当サイトで述べてきている一般の方法論と全く同じです.但し国公立後期は特に残された時間がシビアではありますが,他方では「他の入試日程はおおよそ終わっている=目前の『最終の機会』に集中注力出来る」という意味もあり,必ずしも不利とは言えない程度に「可能性があります」.
「合格したら進学する」との意欲を持って真摯に取り組んで下さい.

 

なお,大学によっては出題形式が前期試験と大幅に異なり,初見時には一瞬問題文が何を言っているのか読解する事に苦労する…といった例も,珍しくない程度に存在します.
しかしこういった場合でも,出題者が問うている事は「高校卒業程度」の範疇を大きく逸脱しません.むしろ,「知っているはずの事柄をいかに縦横に活用して問題文を読み解きほぐし,題意を把握するか」が問われているケースも多くあります.「知らない(初見の)問題を,知っている学修内容で解きほぐす事を,受験生に要求する.」これは前期・後期また国公立・私立の別を問わず,広く大学入試一般に通底する理念なのではないでしょうか.

Share

「ジェンダーレス」とは「2択を自由に選べる」の意なのか

本年4月に開校する千葉県柏市立柏の葉中学校が,”ジェンダーレス対応の制服を導入する”として話題に上っています.

性別問わず、制服のスラックスかスカート選んで
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180206-OYT1T50016.html

平成30年4月に「柏の葉中学校」が開校します
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/270100/p040864.html

柏の葉中学校 開校準備情報
http://www.kashiwaha-e.kashiwa.ed.jp/index.php?page_id=92
(thx to https://twitter.com/hibari_to_sora

記事の内容を見て「Max4択×組み合わせかぁ」と思うのはゲーマーもしくは数学者の悪い癖ですが(苦笑),
…ところで,結局「本質的にはタイプ2択」である事には違いありませんよね?

拙母校で在学中に「制服の『性別規定』を廃止せよ」との議案が生徒総会で否決された(※提案者は後輩)一経験からすれば,時代は着実に前進しているとも言えようかと思うものの,「これで決着とは到底言い難い」との感もなお残ります.

ちなみに筆者自身は,「公立学校で制服規定って,憲法違反レベルの何かじゃないでしょうか」と言い張って私服登校で通しておりました.今回例みたいな形になると,先例に照らして考えれば「14条違反」は通り難いかな,くらいの感触ですけれども.

Share

直前期の過去問題集の使い方

国公立大学2次に限らず,各大学個別学力試験に出願している受験生の皆さんは,さすがにそろそろ「本命校」以外も含めて,過去問演習に取り組まれている事と存じます.(ですから,出願校を迷っているヒマはありませんよ~!?)

ここで1つ注意があります:

それは,過去問題集は「当たらないけれども外れない」という事です.

 

こう言うと,「過去に出題された問題が再的中,ないしは他大学の過去問が的中する場合もあるではないか」と事実を指摘する方もあるかもしれません.
…ですが,この意味で「過去問を的中」させようと思ったら,無謀とさえ言える割に合わない労力が必要となります(それこそ志望校の過去問20年分とか).

 

そうではなくて,大学入試における過去問の使い方というのは,「出題者がこういう事を訊いていますよ」を見て取り,その内容をこれまでの学習成果にフィートバックして得点力に反映する,という一連の流れです.
TOEICにおける「新公式問題集」の位置付けのようなもの,と言えば分かる人には分かるでしょうか.

ちなみに,この「出題者が何を訊いているのか」と類似の業界的言い回しに「この作問の出題背景は何か」という御題目がありますが,実はこの両者の意味合いは大体同じです.個人的には,指導者が受験生に提供すべき知識内容の中で最たるものの一つは「これ」ではないか,とさえ思っています.

Share

当サイト記事の方向性,あり方

健康保険証の表面性別記載を無くしておいたせいか,医師に勘違いされまくる目に遭ったブリザムです.「紛らわしい」のは知っててやっている向きもある訳ですが,初遭遇の間違えられパターンなども…(苦笑)

さて,最近は久しくこの方面の話題に触れていなかった当サイトですが,事情としては幾つかあります:

先ず最大の理由は,拙記事が既に一定の役割を果たしたかな,と思える状況が現にあるからです.
それこそ,典型的な検索キーワード「住民票 性別」や「保険証 性別」で一度はGoogle首位2冠(笑)を達成していた当サイトですが,現在では他の,より分かりやすい記事が出来てきていて,そちらの方がより広く読まれているようです.

もう一つは,筆者である私自身の現在の立場です.
今更な話ではありますが,そもそも私は,この分野で「戦い抜く」必要は無い(有るとは限らない)ものと考えており,その中で「わざわざ戦う」フィールドが直近に見当たらないゆえ,という事情です.
私自身の性別は今もgender fluidに近く,その点では社会生活上の課題が決して全面解決された訳でもないのですが,この分野で完全な「個人プレー」を汎化しないままに記事として書き残しても,得られるものに乏しいのではないか…などという,誠に打算的な根性かも知れませんが.

 

そして,現在の私…あるいは当サイトは,「逆転合格 プロ」の検索結果で最上位として認識されているようです.
「逆転合格」という概念・考え方が,果たして望ましいものなのかどうかはともかく,社会的に職務需要が有るのでしたら,当方には対応する用意があります.
「今」からの国公立2次対策は厳しいですが,実は最激戦時期でもあります(かく言う私も「ここ」で勝っています!).既に使い古された言い回しではありますが,受験生各位には,文字通り最後までやりきって,所期の成果を得る機会として頂ければと願います.

Share

受験生はマトモな「打算」をやってほしい

以前にも度々書いてきているのですが,出願校を決めたら大学受験生が先ず取り組む事はこうですよ:

(拙記事「大学受験コンサルの思う事」http://wp.me/p6S43T-7A より)

●入試本番の大学個別学力試験(いわゆる2次試験)で,合計何点=各科目何点ずつ欲しいんですか,またセンター試験で何点欲しいですか

←●その為に必要な学習取り組みをどのようにしますか,教材は何を使用しますか・それは手元にありますか,その学習の量を時間で見積もるとおおよそ累計何時間・何週間・週当たり何時間ですか,またあなたの志望する入試で課される科目全体への配分の中で,個々の科目に掛ける学習量の位置付け・タイミングスケジュールはどのようになっていますか

←●今から入試本番まで「受験勉強」に使える学習時間・量はおおよそどのくらいですか,また現時点であなたの学力を目標とする入試の得点で測ると,まぐれ当たりでない点数はいくらですか

この中で,センター試験終了後の現時点で出来る分は「今からの事」です.言うまでもありませんが,しかしこれを本当に分かって大学入試に取り組んでいる受験生が果たしてどれほど居るか.筆者の教え子の中でも,見事な「逆転合格」を果たした人の多く(もしかすると殆ど全員)が,実はこの「原則」にきちんと沿った取り組みを行っています.

 

そしてこれゆえに,国公立大学志望者は「出来るだけ早めに出願校を決定して出願手続きを完了してしまう」べきである,という事もまた言えます.「目標」が定まれば,その分多くの残り対策時間を確保出来る訳ですからね.出願状況の途中経過で志願倍率が公表されていたりもしますが,結局「最終」のデータ以外はアテになりませんので,そんなものを眺めて一喜一憂するような事に陥らないように,くれぐれも注意しておきます.

Share