大学受験生にとって「高校生」の身分はあくまで副業である

おおたとしまささんのTwitterより:
https://twitter.com/toshimasaota/status/1124163483514261505?s=21

もし“いい大学”に行くことが至上目標であるのなら、いっそのこと学校なんて最初から通わず、大学受験対策に特化した塾や予備校に通い詰めたほうが効率がいい。そこで中高6年間、毎日入試対策ばかりしていれば、大抵の大学には合格できるはず。

御尤も.
筆者も,自身が中学生の頃から個人的には言い続けている内容です.また,更に言えば,当サイトもこの方向性を後押しする内容であると標榜して過言ではありません.

にもかかわらず,筆者自身が(地元公立中学校=義務教育の範疇から)高校へ進学し,結果として3年間満期在学し卒業したのは何故かと言えば,ひとえに「学友を作る」為でした.
途中,(特に高校2年次の中盤以降は)何度も「もう辞めたい」と思いながら,高校3年次は必要出席日数ギリギリまでサボりながら,何とか卒業まで居座りました.
そして,あくまで結果論ですが,其処で得た「学友」達は,今回ゴールデンウィークに会合を持つ(彼等の一部は子連れで来る)ほどに継続しています.

しかしやはり,当サイトや筆者の指導の方向性としては,原則「受験生が本業」という事になります.特に筆者の指導を受けた大学受験生は,初対面時に「今から本業は大学受験生,もし高校生ならあくまでそれは副業」と伝達されます.無論,それは合目的的な指導に他なりません.
更には,「高等学校は学習指導要領の下に設置されているものであって,元来本質的には必ずしも大学受験を目標とするものではない」とたたみかけます(この段階で保護者の方が喜び始めたりする事もあります…).これが筆者の「プロ家庭教師・受験コーチ」としての矜持であり,此の原則論を共有認識出来るクライアントに対してのみ,筆者は仕事を提供します.

そして他方では,自身が「高校生の身分のまま大学受験生を本業としていた」経験が如何に辛かったか(上述の通り)を踏まえて,「副業をやり過ごすには」まで教えます.これもまた,非常に合目的的であると考えます.端的な例としては,「わざわざ高校に通い続けるのなら,友達を大切にして下さい」と伝えたりしています.「それが将来のためになるから」と.其の良し悪しは問題にしていません,なぜなら「職責は果たしている」からです.

Share

「子供に観せたいYoutube動画」を作る事は可能か

山本一郎さんの記事「子どもが観るYoutubeなどでの不適切ウェブ動画、どうにかならないものだろうか」を読んで,拙ビデオ教材「高等学校数学語」の続きが作りたくてやまないブリザムです.

子どもが観るYoutubeなどでの不適切ウェブ動画、どうにかならないものだろうか
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20190502-00124538/

高等学校数学語
https://www.youtube.com/channel/UCo7zYs3z7SzMts0n1gCwfhw

そもそも,「高等学校数学語」は,名門進学校ですら脱落者が止まない高校数学に関して,少しでも分かりやすく伝え,そしてその事によって「高校数学が分かる・出来る」高校生(あるいは別にそれ以外の人達でも構いませんが)が少しでも増えれば,と思って作り始めた教材です.
止まっている理由はひとえに,必要となるコンテンツ数が概算で2000に届きそうなどという,膨大な物量に圧倒された筆者が,体力的にも及んでいない故に尽きます.

しかし,たとえ上述の「高校数学を分かりやすく伝える」事が叶ったとして,そもそもそれ自体に積極的に興味を見出す(筆者のような)層がどれほど居るのか.
そもそも,筆者私自身,高校進学以前(というか実際には入学後もしばらく)は数学にさしたる関心もなく,定期試験で満点を取って「御蔭で多少やらかしても誰からも文句を言われない立場を勝ち得た」などと思っていた程度です.それが,高校入試で第1志望の東京学芸大学附属高校に「数学が出来なかった」せいで落ち,また仕方なく進学した地元県立トップ高校でも,往時はまだ「数学・理系の厚木」と呼ばれていた母校で数学の成績が平均点ギリギリまで落ち込むに及んで,危機感を覚えて「数学をやらなければ」と自ら思い立った,というのが正直なところです.そして,当時(今にして思えば)最終課程版だった「寺田の鉄則」を学校推奨教材の青チャートに代わって使い,そこから「大学への数学 1対1対応の演習」等に接続して,結果数学の成績が上がり過ぎてしまった(駿台全国模試=現ハイレベル模試で偏差値75突破,今は亡き研数学館東大模試で数学全国2位=開成のトップを破る)ゆえ,東京大学進学に至らざるを得なくなった,という経緯だったりします.そして学者ルートから零れて現在に至る.

この過程の中で,果たして「自ら数学に向かう動機付け」というものは,果たして本当は一体どこにその源泉が有ったのか,また果たしてそれを自身以外に普遍化する事は可能か,と問うてみると,いずれも激しく疑問に思われるばかりです.

そして,冒頭の通り,「高等学校数学語」などという大仰な名前のコンテンツを端っこだけ作って未だに置いてある次第なのですが,「そもそもそんなものを作ったとて一体大多数の子供(若年者・初学者)にリーチする見込みはあるのか」と問われれば,正直「申し訳ございません」となりかねません.

村山斉先生のような「オタク学者」が各分野とも前面に出て語ってくれればもっと効果は上がるのかもしれませんが,それにしても文科省学習指導要領的網羅性を発揮する事は難しいでしょう.あるいは,私が常日頃言っている「体系性・網羅性」などというものがそもそもどれほど必要なのか,という点から議論を始めるべきなのかもしれませんが,少なくとも高校数学教育における経験の限りでは,両者は必要な事だと感じています.我ながら議論がまとまりません.

Share

補足:小論文対策に現代文の学習が必要不可欠な事について

先に,「大学受験 小論文の勉強方法(1)」 http://wp.me/p6S43T-dC では,単に「国語(現代文)の勉強方法」(1)〜(5)の課程を通っている読者を前提としています.」とだけ書いていたのですが,説明を全く省略していたので補足します.

補足と言っても,実際に受験勉強をやってみれば,あるいは筆者が当サイトで紹介提案しているカリキュラムを概観するだけでも,その必要性は十分見えてくるのではないかと思います.

要するに:「現代文の基礎学力無くしては,小論文の対策学習は務まらない」のです.そして,その「基礎」に至るまでの道程は意外と長い.…と言うより,本来必要な国語現代文の学力が十分身についていない高校生が多過ぎる,という,根本的には身も蓋も無い話でしかありません.

そして,小論文試験の「出題者」は,そこを見ています.すなわち,「現代文の学習をマトモにやってきたか」プラスアルファの広範な学力(表現力を含む)をテストで測っている訳です.

小論文対策を「付け焼き刃」で済ませようとする事が困難いえ不可能である旨,御承知頂けましたでしょうか.

Share

令和元年新日も大学受験生は受験勉強に打ち込むべきである

天皇陛下(現上皇)退位による改元が行われ,令和の元年になりましたが,
こと大学受験生は,式典等に興じる事は脇に置いて,「本分」たる受験勉強に打ち込むのが筋である,と考えます.

そもそも,大学(帝国大学)とは富国強兵のための官吏養成であり,さすがに富国はともかく現代において「強兵」はなじまないと一見思われるかもしれませんが,サイバー空間において事実上の「戦争」が常に念頭にある事は,現行憲法下の日本も例外無く直面させられている現状に他なりません.

従って,現に式典を司っている官吏はともかく,これから富国強兵の為の官吏を目指そうという若輩諸氏におかれましては,分業の一として「本分」受験勉強に邁進専念して頂く事が,相応であると思われます.

以上,当サイトからの御挨拶に代えまして,取り急ぎお送り申し上げます.

Share

大学入試センター試験国語(現代文)の勉強方法

※この記事は,先の記事「忘れ去られがちだけれど本当は重要な,国語(現代文)の勉強方法」(1)〜(5)の課程を通っている読者を前提としています.もし当該学習に取り組んでいない場合には,先ず上記記事の全てを読み,不足無く学習を行ってから,この先を読み進めて下さい.

忘れ去られがちだけれど本当は重要な,国語(現代文)の勉強方法
(1)基礎学力測定編 http://wp.me/p6S43T-d5
(2)中学国語補充編 http://wp.me/p6S43T-d9
(3)高校国語本格着手編 http://wp.me/p6S43T-dc
(4)高校国語補充学習編 http://wp.me/p6S43T-dg
(5)大学受験勉強国語着手編 http://wp.me/p6S43T-di

センター試験の現代文の設問は,(漢字問題を除き)原則として全て「論理と集合」と「一次不等式(比較)」の知識を用いて解く事が出来ます.先ずこの事を念頭に置いて,常にセンター現代文の演習・学習に取り組んで下さい.
また,この時点でもし必要を感じた人は,数学(I・A)の復習を先に進めておいても良いでしょう.

この精神を体現している大学受験用教材としては,現在入手困難ですが,予備校講師はこう解く!シリーズ センター試験過去問 板野博行はこう解く! 国語」(旺文社) https://www.amazon.co.jp/dp/401036324X (この他の年度の「予備校講師はこう解く! 国語」でも同様OKです)の「赤入れ」印刷部分が,特に参考になります.

それ以外に現在でも入手可能な市販教材の内容範疇でセンター出題に対応するには,先ず前述「(3)高校国語本格着手編」で学習した「出口のシステム現代文 ベーシック編」の取り組み(特に「図示による解析」)が基礎となります.この問題本文および設問文の解析の上に立って,現実的な制限時間の範囲で合格に必要な得点を確保していく事が,センター試験現代文対策の概要です.勿論,その後に「(5)大学受験勉強国語着手編」で取り組んだ「現代文読解力の開発講座」の演習成果も活きてきます.

 

ここまでに述べた「ヒント」だけで,後は時間制限対応演習を重ねる程度で必要分のセンター現代文得点に達する人は,もはやそれで構いません.

 

センター試験に特化即応した,現在でも入手可能な教材をベースとした学習方法としては,「きめる!センター現代文」(学研マーケティング) https://www.amazon.co.jp/dp/4053041112/ を使用する算段があります.他の教材と同様,「まえがき」に書かれている教材の使い方を熟読した上で,読解すなわち「読み方・解き方」を本書から学び取ります.

「きめる!センター現代文」の学習を終えたら,センター試験過去問演習に接続します.採点時に,解いていて自信が有って正答した設問には◯,自信が無かったが結果的に正解だった設問には△,不正答には×をつけます.そして,△と×を「塗りつぶしていく」学習を徹底する事で,得点の高数値安定化に貢献します.

Share

大学受験 小論文の勉強方法(2)

※「入試現代文へのアクセス 基本編」を使用しない人でも,「大学受験 小論文の勉強方法(1)」 http://wp.me/p6S43T-dC の内容自体は読んで着実に理解しておいて下さい.

 

中堅レベルの大学入試や推薦入試・AO入試で小論文を受験する人は,「小論文入門―10日で小論文の基礎完成」(河合出版) https://www.amazon.co.jp/dp/4877258981 で念入りに(と言っても「10日間」ですが)解説読み込み+演習を行う事により,入試本番に「直結」出来る場合が少なからずあります.これに該当する場合には,上述のルートで「最良のコストパフォーマンス」を目指しましょう.

 

一方,このレベルでは足りない難関大学小論文や医学部医学科の2次試験等に臨む受験生は,以前記事「国語(現代文)の勉強方法(7)大学受験勉強国語ハイレベル編」 http://wp.me/p6S43T-dz を通った上で,「小論文を学ぶ―知の構築のために」(山川出版社) https://www.amazon.co.jp/dp/463407110X/ の内容を身に付けましょう(「読む」学習割合が多い教材になると思います).
この教材で,「小論文で問われる論点とは何か」について一通り学べますから,後は実際に過去問等の「本番レベル教材」に接続する事が出来ます.
但し,採点・添削のために指導者が必要になる場合が多いかと思います.高校生は学校の先生に頼む場合も多いでしょうが,注意点を1つ:見てもらう相手は必ずしも国語の先生とは限らず,「出題分野」に最も近い専門家に見てもらうようにします.これは学校以外(予備校等)の場合も原則は同様です.

 

医学部医学科受験者は,「医学・医療概説」(河合出版) https://www.amazon.co.jp/dp/4777216586 で医学分野の基礎概念を網羅的に学んだ上で,「医学部の小論文」(河合出版) https://www.amazon.co.jp/dp/4777219356/ でより専門特化を含めた演習を補充します.これらの市販書(上掲「小論文入門」も)は大判(B5判)なので,書店ではジャンル分け云々にかかわらず上段の書架に置かれている事が多いようです.
なお,医学部医学科の入試については,(小論文に限らず)「大学側が受験生に何を求めているのか」に応える事が非常に重要となりますので,予備校の先例データ等をも活用して,志望校毎に(一般には異なる)入試情報の収集にも努めて下さい.

Share

大学受験 小論文の勉強方法(1)

※この記事は,先の記事「忘れ去られがちだけれど本当は重要な,国語(現代文)の勉強方法」(1)〜(5)の課程を通っている読者を前提としています.もし当該学習に取り組んでいない場合には,先ず上記記事の全てを読み,不足無く学習を行ってから,この先を読み進めて下さい.

忘れ去られがちだけれど本当は重要な,国語(現代文)の勉強方法
(1)基礎学力測定編 http://wp.me/p6S43T-d5
(2)中学国語補充編 http://wp.me/p6S43T-d9
(3)高校国語本格着手編 http://wp.me/p6S43T-dc
(4)高校国語補充学習編 http://wp.me/p6S43T-dg
(5)大学受験勉強国語着手編 http://wp.me/p6S43T-di

また,「小論文対策なのに現代文学習の物量時間が長いよ!」と思う方がもしいらっしゃいましたら,明々後日以降公開される補足記事 http://wp.me/p6S43T-dM を読んで下さい.

 

さて,ここまでのカリキュラムに取り組んできた受験生の皆さんは,上記「(4)高校国語補充学習編」で紹介した「読むだけ小論文 基礎編/発展編」の2冊を学習するか,またはそれと互角以上の学力を既に有しているはずです.
しかしながら,必ずしもこと小論文を「書く」という行為に関しては,十分な演習を行ってきているとは言えないのではないでしょうか.

ここで,前述の(5)で学習した,「読解力開発問題」という名の「小小論文」の経験が役に立ってきます.勿論,読解力開発問題は出題本文の大意要約であり,受験生が自らの主張をも含めて述べる小論文とは本質的に異なる面も少なくありません.
しかし,上でも述べた通り,「文章を書き慣れる」という事は,意外とネイティヴの日本人でさえも,やってきていない≒出来るようになっていないものです.従って,自身の考えを述べる等といった際にも,実は「単に日本語で長文を書き慣れている能力」によって,大きな学力スコア的差異が生じてしまう事になります.

 

そこで,当サイトで提供するカリキュラムにおいては,この「現代文読解力の開発講座」で学習し修得した「100字程度の日本語文章を書く能力」を言わば土台の一として,小論文という科目(大学入試等)の学習対策を始めます.

なお,念のため先に注意を述べておきますと,多くの小論文の問題においては,出題の中心が「受験生自らの考えを述べる」形式であっても,実際には「問題文の読解」を少なからず必要とします.これはあくまで試験の一般論になりますが,「設問で訊かれた事に答える」のが大原則である事を忘れないで下さい.

 

以上の観点から,小論文対策は,時間が許す限り,原則的には「入試現代文へのアクセス 基本編」(河合出版) https://www.amazon.co.jp/dp/4777213587/ の演習から始めます.即ち,使用する教材自体は「国語(現代文)の勉強方法(6)大学受験勉強国語継続編」 http://wp.me/p6S43T-dw と同じですが,但し小論文受験者の場合には,学習段階から「書く」事を意識した取り組みがより肝要になってきます.

尤も,小論文の学習に時間をそこまで掛けられない場合(あくまで「受験は総合点」です!:大原則)には,この段階は飛ばしてひとまず次に進みます(万一,後に「足りない」事が判明した場合には,ここの学習段階まで戻ってくる事になります).

 

この後は次の記事に続きます.

Share

国語(現代文)の勉強方法(7)大学受験勉強国語ハイレベル編

(6)大学受験勉強国語継続編 http://wp.me/p6S43T-dw で述べた「現代文へのアクセス 基本編」でも足りない受験生は,今一度現代文の配点=特に総点に占める割合=を確認した上で,上級の学習へ進みます.

現代文のハイレベル学習は,先ず必要な概念や語彙を獲得する事から始めます.推薦教材は,「ことばはちからダ!現代文キーワード」(河合出版) https://www.amazon.co.jp/dp/4877256113 がこの段階での標準レベル,「小論文を学ぶ―知の構築のために」(山川出版社) https://www.amazon.co.jp/dp/463407110X/ が最高レベルです(※ここで,必ずしもレベル表示にとらわれる事なく,あくまでも各自の学習に必要な分の教材を選択する事に注意します).いずれも,最終的には各成書の内容を「自分の言葉として書き出せる」ようになる事を意識して学習使用して下さい.

 

概念・語彙の修得を通ったら,「入試現代文へのアクセス 発展編」(河合出版) https://www.amazon.co.jp/dp/4777213595/ を使用して演習を行います.ここでの得点率は,75%程度に達していれば,並大抵の受験生にとっての国語現代文としてはおおよそ完成水準に近いと言えるでしょう.後は過去問演習・研究・傾向対策に接続します.

 

これでも国語現代文の学力(得点力)が足りない受験生は,本当にそれ以上の学習が必要か総合的に確認(先んじて傾向対策を含む)した上で,「入試精選問題集7 現代文https://www.amazon.co.jp/dp/4777208311 <「得点奪取現代文 記述・論述対策https://www.amazon.co.jp/dp/4777210405/ < 「現代文と格闘するhttps://www.amazon.co.jp/dp/477721785X/ (以上,河合出版),あるいは,「現代文のトレーニング 必修編 https://www.amazon.co.jp/dp/4860661044記述編 https://www.amazon.co.jp/dp/4860662040/ 」(以上,Z会出版)を用いて学習して下さい.ここまでくれば,殆どの大学入試現代文で十分な得点が取れるはずです.

Share

国語(現代文)の勉強方法(6)大学受験勉強国語継続編

ここからは,主に文系を中心とした「2次試験(大学個別学力試験)で国語現代文が課される受験生」へ向けて記事を書いていきます.(但し,東京大学理系のように2次試験でも国語が重視される大学・学部や,小論文で受験をする人も当記事は読んでおいて,必要に応じて実施して下さい.)

 

教材は,市販の「入試現代文へのアクセス 基本編」(河合出版) https://www.amazon.co.jp/dp/4777213587/ を使います.このシリーズは他に「発展編」「完成編」が有るので,店頭では混同しないよう注意して手に取って下さい.
使用方法は,前回記事「(5)大学受験勉強国語着手編」 http://wp.me/p6S43T-di で学習した,「現代文読解力の開発講座」とおおよそ同様です.「開発講座」で身に付けた方法技術を実践演習する機会として捉え,「開発講座」あるいは更に「出口のシステム現代文 ベーシック編」の解説で述べられていた通りの「読解(・記述解答)技術」を余すところ無く発揮して,「アクセス基本編」の設問に解答しましょう.

 

また,この段階頃になると受験生本人も慣れてきて,毎度毎度そこまで精細に,わざわざ手間・時間を掛けてまで「解析を書き出し切る」必要性に疑問を感じ始めるかもしれません.
しかし,この「アクセス基本編」という教材までは,「精確な解析の徹底」をやってほしいと考えます.
理由は,この後に取り組むハイレベル教材では,実際に「解析をやり切らずに設問への解答を完成させる」トレーニングを行うためです.

 

トップレベル以外の2次試験国語(現代文)では,この後に直接志望校の過去問に接続出来る可能性があります.もしその場合には,傾向対策・分析を徹底して,直接本番に臨んで頂く事も可能です.
但し,こと「国語(現代文)で勝負したい」受験生においては,必要に応じてより上級の学習をも織り込まれる事を推奨します.

Share

「LGBTは約3%」との調査報告が出た模様です

LGBTは約3% 国の研究所グループが調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190425/k10011896301000.html

調査の元情報はこちらでしょうか:
性的指向と性自認の人口学 – 日本における研究基盤の構築
http://www.ipss.go.jp/projects/j/SOGI/index.asp

御蔭様で,LGBTの「各内訳」についても記事中で詳述がなされています.

当サイトの過去記事での言及も,少なからず修正を必要とするものがありそうです.

これは「国立社会保障・人口問題研究所」の研究グループが大阪市の協力を得て行った調査で、ことし1月、無作為に抽出した18歳から59歳までの市民1万5000人にアンケートを送り、4200人余りから回答を得ました。

との事で,調査を行った母体には相応の信用がありそうです.但,回答率がだいぶ低い気もしますが…

また,個人的経験の限りでは,今回調査の舞台となった大阪は,セクシュアルマイノリティとして生活していくには(東京などと比べて)厳しい社会である旨も,一応指摘しておきます.ちなみに名古屋も厳しかった.

Share