顕名と社会的責任の所在と,経済活動生産性について少し

漫画家の種村有菜氏が,いわゆる「二次創作」同人誌の発行予定を中止した事で,関係方面では相当な物議というか炎上案件となっているようです.

容易に推測される状況として,「先に『公式版権下』でイラストを寄稿したタイトルと同作品の二次創作『同人』発行物を出す事が問題になったのではないか」との指摘があります.著作権法云々以前に民事契約違反も充分有り得る局面と言えます.

此の実情の仔細については,種村氏本人名義での直接説明文章も存在しているのですが,これはTwitter鍵付き(非公開)アカウントの内側で述べられていた内容が丸々コピペされている代物だったりして,仁義も何も有ったものではないインターネットの恐ろしさを感じずにはいられません.一応,公開状態になっている情報を以下にリンクだけ御紹介しておきます:
http://tr.twipple.jp/p/13/bff326.html

 

斯様な状況においては凡そ既定路線もいいところな流れとして,「二次創作のモラルを守って活動すべし」といった言説が,関係当事者からきのこたけのこ戦争並みのペースで沸き出てきます.当然の如く,論議に参加する人の大多数は匿名であり,論題そのものの社会的位置付けのグレーさは素人目にも露骨な程度です.
彼等にとって,今回の事案がいかに「外患誘致」的であったかの一端は,以下のまとめサイトでも存分に概観する事が出来ます(各ツイート等の内容については「全くのデタラメ」も含まれるので,情報源としての利用時には各自御留意の上,自己責任で行って下さい):

種村有菜、突然「おそ松さん」の18禁BL同人誌発行中止へ 理由がヤバすぎると話題に
http://matome.naver.jp/odai/2145750429496489201

上記サイトなどを一瞥すると,のっけから「二次創作はそもそもヤバいもの」という意識感覚が共有されていて,心得の無い方にとってはあたかも無法地帯の人外魔境か何かのように思われるかもしれませんが,実際その通りと認めざるを得ない面も当然有る訳でして(詳述は割愛しますが,著作権法親告罪の範疇で済まない事例も少なくない),それこそ「同人作家は本名と顔がバレたら即死」というデスノートのパロディなど,当事者にとっては笑うに笑えない程度の様です.
尚,種村有菜氏は漫画家(いわゆる商業誌作家)・同人作家のいずれとしても,行政登録上の本名で活動しています.

 

さて,現代社会において,日本国内法のみへの留意では足りない事は無論でありまして,例えば著作権法なら「非親告罪化」がTPPで話題になった事もまだ記憶に新しいところです.

此の「(法制に代表される)社会的責任」と,「其の責任の所在としての個人の顕名(実名)」という点については,既に私の師匠でもある苫米地英人氏が以前から指摘している通りです(近日参考:https://twitter.com/DrTomabechi/status/705667667584126976).

…とは言うのですが,一方で,現在ハンドルネームという匿名の下に”隠れている”人々を一挙に顕名化などしたとすれば,彼等の活動は即座に停止します:言わば本当に「即死」してしまう訳です(上掲まとめサイトの様子から窺える通り).

そして,此の「顕名即死」組の人口規模が結構な事になっていて(業界に明るい方には周知の通り),大まかに見積もっても国内の「書(描)き手」だけで5万人以上,受け手(読み手)に至っては数十万~百万人程度が,現在進行形で活動しています.
彼等の多くは,平日日中は「一般社会人」として実名で各々の仕事なりを営みつつも,ひとたび休日を中心に開催されている同人イベントとなれば,札束と薄い本が猛速で飛び交う祭りの燃料そのものと化す事になります.
更に其の傍らでは,そんな彼等の活動の「ほんの一かけら」の成果として,特典ポスターに釣られて献血に行って,首都圏近郊の輸血需要を異常な割合で満たしていたり,朝からすき家で牛丼を5杯ずつ平らげて,ワンオペ店員に悲鳴を上げさせたり,といった「社会現象」が発生している訳です.

 

そうすると,これってもはや,単に「社会的生産性・活動性・経済効果の高い人達」なのではないか,という意見が,さすがに脳裏に浮かんでくる事となります.五百円玉の100枚や200枚を半日で軽く使い切ってしまうような「経済社会的に温度速度の高い人」数十万人を,今刺し殺してしまってどうするの,という話です.

Instagramが今更ながらあらためて持て囃されていたり(広告代理店業界の後押しあっての事とは思いますが),TPP交渉で日本国当局が「コミケ文化」と明言していたり,山本一郎さんの直近記事(http://ironna.jp/article/2922?p=1)でも同人活動者に言及がされていたり,といった社会環境を見渡してみて,そして今回種村氏が「自爆炎上・外患誘致」とばかりに台風の目と祭り上げられている最中で,「顕名即死」の匿名同人関係者各位は,自分達の身の振り方について,果たしてどう考えているのでしょうか.

Share

「適正な対価」について一応考えてみる

日本Amazonの「お坊さん便」に中止要請が出されたそうで,個人的には”痛いニュース”案件かなとも思ったのですが(苦笑),中々本質的な論点も現れて見えましたので,先ず記事内容を概観しておきます:

アマゾンの僧侶手配サービス 全日本仏教会が中止求める
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010431961000.html

全日本仏教会の文書によると,

>僧侶への「お布施」は宗教行為に対する対価ではない

>お布施は一人一人の気持ちとして納めてもらうもの

だそうで,このあたりの日本語の機微は正直に申し上げて論旨不明なのですが(「一人一人の気持ちとしてお金を納める」事は宗教行為ではないのでしょうか…??),ここを敢えて「そもそも対価は有って無い代物」との論題と見れば,むしろ現実に目を向ける真っ当な主張の方向性の一端とも受け取れます.

 

かく言う私自身は,だいぶ昔から「対価の適正な定め方というのがよく分からない」と長らく思ってきたのですが,参考までに,私が提供している職務の対価の「算出根拠」を書き下して,一般論への布石として公論に供したいと存じます:

 

●若年者向け教育
以前の記事でも触れていましたが(http://wp.me/p6S43T-2n),現時点では概ね「一般的なプロ家庭教師(ピンキリ)の平均時間単価の5倍程度」が基準です.この「5倍」の算出方法についても,上掲以前記事に述べています.

●ボディヒーリング
1セッション当りの対価は,「整体院」の平均額より幾分高め,「ヒーリングサロン」の平均程度です.ちなみに,一応「基本90分/回」という事になっていますが,実際には身体構造や方法技術についての説明も提供している為,時間単価としては相対的に割安となっている場合が多いです(追加料金等は特に頂いていません).

●パーソナルコーチング
原則はパッケージプラン(一定期間の継続的セッション提供)なので厳密には比較対照にならないのですが,敢えて時間単価に換算すると,上記ヒーリングの15倍程度です.「脳ミソを触るのは,身体を触るより15倍複雑」という意味で理解して頂くのが分かりやすいかと思います.…本当はもっと複雑かもしれませんが,とりあえず対価は設定する必要がある訳ですので,現時点では大まかに「15倍」としています.そのうち30倍くらいに修正するかもしれませんが.

●心理的危機管理(クライシスサイコロジー)を含む対応
事実上ほぼ全ての案件が「個別特殊対応」になるので,初動段階での総費用を見積もる事は困難です.一応の指針としては,上記パーソナルコーチングの2倍(セッション対応密度も2倍になる為),着手金30万円としていますが,緊急性が高い場合も多いと思われますので,支払云々以前に先ず御一報を頂ければと存じます.

●組織運営コンサルティング
大局原則指針は「貢献利益の1割が私の職務対価」と考えています.但し,クライアント組織への関与の仕方によって実務量が大きく変わるので,直接的労務量・時間が増える場合にはより高い対価割合を求める事も有り得ます.経験上のスタートアップ価格は月額50万円程度でしょうか.
尚,ここでいう「貢献利益」は,私の関与継続如何にかかわらず,初期導入時点から概ね5年間程度の成果を対象として考えます.即ち,「5年以内に月額500万円の利益向上」が最低目標ライン(目安)となります.

●法務調査・処理対応
あまり楽しい仕事じゃないんですが(苦笑)…実務経験を有している分だけ,職務提供も可能な話です.特にフリーランスの方などで,「新規お取引のオファーを頂いたのだけど,この相手方ってどうなの?」といったリスクヘッジ思考の需要に対して,主に法務情報の面から回答を提供します.着手金は5万円としますが,調査の結果内容が少なかった場合(≒相手先が特に問題無かった場合)には,最大半額以上を返金させて頂く可能性もあります.要するに,調査に掛かった実務労力分がそのまま対価となります.
なお,社内で判明している(もしくはくすぶっている)法務ク●ゲーをどうにか片付けて欲しい…といった御依頼にも対応は可能ですが,各業務に必要な権限を獲得する為には私自身がクライアント社内に入る事が事実上必須となりますので,一般に対価は1桁以上高くなると思われます.上述の「組織改善」で法務系に特化した場合,と考えて頂くのが直感的には近いでしょうか.

Share