コーチ・ブリザムは何がしたかったのか

あぁそういえば,かく言う私自身が一体どういう経緯でコーチングを受けて,そしてプロフェッショナルコーチとして認証を得て活動するに至ったのか,付記的ながら(※前記事参照)述べておきます:

一言でいうと,要するに,
幸せになりたかったんですよ.

 

これは私が自分から言い出した話なので,職責NDAに抵触するような事は無いはずなので述べますけれども:
最初(一連の複数回コーチングセッションの初回,個別機会としては初対面)にコーチ・Dr.苫米地に面会した際,私は「いいかげんそろそろ幸せになってもいいかな,と思いまして」と,今にして思えば控え目な切り出し方で,自己紹介兼挨拶を始めたのでした.

 

あくまで経験則の限りですが,コーチングを受ける事を希望して来るクライアントが当初に掲げて(抱いて)いる目標は,「活動生産性の向上・改善」といった方向周辺にある事が多い…と思われます.もっと露骨に言えば,「コーチングを受けると稼げる,儲かるようになる」というのが一つのステレオタイプになるでしょうか.

無論,コーチングの「本来的趣旨」は,必ずしも生産性向上に限られるものではありません(詳述は既存教材に譲りますが,クライアントを「ゴール達成に導く」事であり,「マインドの使い方を上手になってもらう」事であり,…).
とは言いつつも,実際「金に換算出来る話」がやはり重要度として上位に現れる傾向は否むべくもあらず,引き続いては「健康」「恋愛・人間関係」…といった括りが,今や広告宣伝売り文句に混在するかの如き程度にまで広く知られるに至っています;どうやら人間の求めるものが本質的に斯様な幾つかの題目に束ねられうる傾向はやはりあるのかと見えて,こと此の面から切り口を見る限りでは,あたかも「占い」などと区別付き難くさえ思われかねません.
…いや,占いと混同されたら科学者はまずもって激怒するんじゃないかと思いますけれども(あるいは逆に占い師へも失礼のおそれ甚大ではないでしょうか).

 

さて,そんな「幸せになりたかった数学者」ブリザムが,コーチングを受けてどうなったかと申しますと:

幸せになりましたよ?先ずは.

…但し,それと同等以上に「不満も増えた」という事も,敢えて併記明示しておきます.

理由はおそらく比較的単純で,「願望を達成する事自体は最速で成立出来るようになるが,それ以上に『欲望が増大するペース』も速くなるから」ではないか,というのが,本人主観視点での感覚です.
従前から私は,自らの経験・更には教育指導者としての実績をふまえて,「強欲は原則として是」なる旨を,隠さず職責立場上も明言してきましたが,まさに「それ丸ごとが加速した」感もがあります.

教育者としての経験信念であった「結局,強欲こそが成業の重大要素である」という文言が,果たしてコーチングの理論に基づく文脈においてもなお正当なものとして述べうるかは,未だ検証を重ねる必要のある事かなと思いますけれども,より個人主観的評価として言うならば,強欲な人は大体幸せそうだし,また魅力を持っている気がします.

Share

で,「数学・物理の教育水準を普く向上させ保つ」算段をどう作るか

以前から当サイト各記事で「教育」の内容について度々言及してきている話題の続論展望です.

その中でも今回,こと問題として採り上げたいのは:
(既に記事で触れてきたような)高等学校程度以下の学習途上受益段階にある若年者の皆様はともかく,
「現に世の中で活動している(割合的にも)多くの人々に対して,いかに『知って・学んでもらう』方向性(インセンティヴ)を,仕組み設計施策を含めて提供するか」
という事です.

 

安直な物言いとしては,例えば「日本で言う『文系』とは『数学出来ません』の言い訳用語に他ならないのであるから,即刻廃止すべき」などとつい申しがちに思われますし,実際あるいは筆者も以前に大意同様の言を発していたかもしれませんが,
しかしここで今一度踏みとどまって考え直してみるに,返す刀いや諸刃の剣で,
既に文科系の経歴を辿ってきて表舞台の肩書きに載せている面々をdisって敵対するなどという事は,何ら本意でないし,また実益にも乏しい事は言うまでもありません.

 

実利・実現可能性の打算から考えるなら,展望の一路は「コーチング」の範疇に有り得るのではないか,と筆者は思っています.なぜならば,コーチングを受けたクライアントにおいては,結果として「今まで唯の一度も気に留めなかったような事が,気になる=興味関心の対象に続々と入り始める」という現象が,しばしば発生するからです.
別に必ずしも,コーチングの本来目的なり定義が「知識を増やす事」という訳ではありませんし,かく言う筆者自身もそんな意向をもってコーチングを受けたり更にはコーチになったりしてきた訳ではないのですが,当事者の主観感想として「結果的に知識も増えました」と言う事は,確信を持って正当に出来ます.

何より,筆者が数学(元々の専攻=実質的に高校生前半以来ずっと)について話すなり発信する姿は,どうやら傍目素人からも余程「楽しそう」と見えるようで,英文科出身の母が「数学って楽しそう.私も高校時代もっと本気で取り組んでおけばよかった」などと言い始めた位です.
…そんなので広く世間に数理科学への興味関心知識を提供展開していけるというのなら,筆者は喉と腕(板書)の限界まで解説発信を続ける事さえやぶさかではありませんよ??

 

とは言え,その筆者自身は最近,他の興味対象(音楽や演劇鑑賞)に向かってむしろ走り込んでいる有様だったりしております.尤もこれらに関してはいずれも「受け手」一方なので,他の人へ向けて話題を提供する際には,その内容はやはり数学・物理学周辺に寄っている可能性が高いのではないかと思われますけれども.

 

あるいは,「他の(世に在る多くの)人々にも数学・物理学へ興味関心をもって知識習得をしてもらう為には,先ず自ら人に興味を持とう」などとスローガンを掲げてみても,恐らくほんの数年前の[数学以外眼中に無かった]筆者には,まず通じなかった事でしょう.

今でも,特定分野の専門家が集う会合などに混じって参加していると,「あぁこの人達は本当にそれ以外見えてないのかな」と感じられる局面が珍しくない程度に有ったりしますが,他方では彼らが「それゆえに研ぎ澄まされて今の形を成している」構造も否定し難く思われて,一体何を以て良しとすべきか,未だまことに迷うばかりであります.

Share

多様な選択肢としての「やり込みゲーム」を残しておく事は必要だが,其の意義付けにも慎重を期すべき

医学検査の最中にふと独法化と財源の話題が挙がって微妙な立ち位置を確保しつつ受け応えるブリザムです.ストレステストか何かでしょうか(??).

ところで,少し前に拙Twitterでもメモだけ書いておいたのですが,こと日本の公教育システム(に対する社会的受容の実態)において,教育の「成果」はあまりにも低く評価されていると思う訳です:
https://twitter.com/kazmiblizzam/status/904748395448885248

【練ってない雑感メモ】何度考えてみても,日本の公教育は先ず「形式的に卒業・修了した事にしてしまう」のを即刻やめるべき(さもなくば地盤沈下崩落する)に違いない…と思うのですが,此の理念を実装完備するには「年齢差別」を全廃する前提が必須と見えて,なお難関の絶壁さ感を禁じ得ません.

ちなみに,此の問題意識の先にある展望は何かと言うと,その教育水準(知識・教育成果の到達程度段階,「知的水準」)を上げていく当事者の立場にとっての,あまりにも「報われない」「割に合わない」感の度合い,といったところです.

かく言う筆者は,「気になる」「納得いかない,だから調べる」に始まって,地図・図鑑通読→各種取扱説明書通読→辞書通読→複数自然言語辞書暗記[→…→]化学→薬学→医学生理学[→…→]物理学→数学→数論[→…→]可積分系[→…→]数学基礎論→論理代数系→計算複雑性,くらいまで辿ってきています.
この間,出来合いの教育プログラムに乗って演習カリキュラムで地獄を見るような思いをした局面も度々あった気もしますが(苦笑),基本的には「そこで得た知識・知見は,おおよそ『今に活きている』と言える」ものと認識しています.

とは言え,ではひとたび,「その内容が『割に合っている』ものか?」という形で問いを立ててみると,返答に窮さざるを得ない事の方が多い気もします.というか,「自分の疑問を解決出来た」事以外に使い途の分からない知識が殆どではないか,くらいの感さえあります(苦笑).

 

「AIに仕事を奪われない人材になるための教育(カリキュラム)とは」などという言説が最近もまことしやかに各方面で挙がっている模様ですが,そもそも「教育の実利」って何でしたっけ,という,ごく出発点近傍の論点から,今一度マトモに考えてみる必要があるのではないか,と案じます.

「今ここで頑張って勉強しておけば後でいい事あるよ」的な言い草は,古く科挙の時代から知られていたようですが(宮崎市定先生著参照),それってホントなのでしょうか,との注意を,少なくとも「その実利はホントですか」と「そういう釣り方はそもそもアリなのか」の各面から確認しておく事は,理詰めとして必須と思う次第です.

 

タイトルに詳述が文量追い付かなくて釣り記事かの如くなっておりますが,裾野の広い汎論のとっかかりを提供申す程度の感覚で,ひとまずお送り致します.

なお,こと「報われない」の根幹原因を探っていくにあたり,「そもそも知らない人の方が割合として多過ぎる」旨に関しましては,先の拙記事「高校物理を修得している人材の稀少さ」(http://wp.me/p6S43T-6Z)も御参考のほど.

Share