大学入学共通テスト,記述式試験も延期か

年内にも来年度大学入学共通テスト記述式試験の延期が決まるかもしれません:

国・数記述式、延期を検討 公平性懸念受け、年内判断へ―文科省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120500834&g=soc

当サイト主宰は創立以前から,「試験制度はその試験問題を解く能力しか測っていない」あるいは「試験は一体何を測っているのか」を問題として議論もしてきましたが,ここへきて「公平性」という観点から考えるに,「学歴は金で買える」といった極論が思い浮かんで,頭を悩ませるところであります.

 

「学歴が金で買える」というのは,例えば相応に金の掛かる筆者のような専門家をつければ,ほぼ“誰でも”東大に入れる,というような意味合いです.東大クラスを受け持つ立場で何を言うのか,と思われるかもしれませんが,受講生の側も無論保護者の皆々も,その事は重々承知しています(それは,筆者が敢えて説明している事もあるかもしれませんが).

また,東大生の側も,外部には敢えて言いませんが,その事を分かった上で,社会の波を乗こなしてきています:「現行制度が自分に合っていた事は運ゲーの勝者たる所以だ」と.

かく言う筆者自身は,並み居る天才達に囲まれて東大生活を送っていたので,むしろ劣等感さえ持っていた事を否めないところですが,かえって「幸せとは何か」といった命題に真正面から向き合うきっかけとなった,とも言えます.

 

「●●大学に行きたい」とロコツに言明する生徒こそ,大学受験競争選抜試験制度においては「勝ち組」になれる傾向にある事は確かです.ただし「その先」に一体何があるのか,未来は誰にも分かりません.
宮崎市定「科挙」を読むと,「書物の中から金銀財宝お嫁さんまで出てくる」と説き伏せる文言が紹介されていますが,現代の高等文官試験である東京大学入学試験・国家公務員総合職試験の「勝者」は,果たして金銀財宝お嫁さんを得ているのでしょうか?

Share

センター試験向け対策学習と国公立2次向け学習とのバランスについて

センター本試験まで,あとほぼ50日となりました.
受験する皆さん,学習は順調に進捗しているでしょうか.

今年はセンター試験の日程が比較的遅いので,1月に入ってからも勉強時間を取れる部分が大きいです.逆に言うと,国公立大学2次試験に向けての学習時間が削られる,という事をも意味します.
そうしますと,例年「12月はセ試に向ける学習余力が9割」と言っているところ,並行して国立2次試験対策も進める必要がある.しかし2次対策を「全部」は取れないので,何をどう進めていくか,「センター試験後」の時間も合わせて(そしてここには「併願校」の受験日程が入ってきます),学習スケジュール計画を綿密に考えておく必要があるという事になります.

今年もシビアな入試になりますが,受験生の皆さまにおかれましては,周到に巧妙な計画を立てて万端に学習を進めて頂きますよう,心よりお祈り申し上げます.
また,学習計画を立てる事が難しい場合には,私どものような学習指導者に計画を立ててもらう事も充分考えられます.ご参考までに.

Share

セ試まで残り60日未満の現在,受験生は「得点の安定化」に資する学習を

センター本試験まで,残り60日を割りました.
ここをご覧の大学受験生の皆さまは,当サイトでも繰り返し述べている「目標得点の9割」を確保出来ているでしょうか?

毎年恒例の話になりますが,センター試験には特有の「対策」という概念が存在します.そして,それを上手く使いこなした者が,セ試における「勝者」となるのです.

そしてそして,御存知の通り,センター試験は今年度が「最後」という事になっています.これは即ち,「安全策」を採る受験生が大増するという事を示します.

そんな中で,問題の難易度や些末なテクニカル要因に左右されず,コンスタントに目標得点を叩き出せる受験生は,どれだけ「強い」ものでしょうか.

センター試験を受験される皆さま(本当は大学受験一般に言える事ではありますが)には,是非この「得点の安定化」に資する学習取り組みを,残り期間で行って頂きますよう,何卒お祈り申し上げます.

Share

残り時間がシビアになってきた中での論述対策法(主として中級者以上向け)

記述式現代文の学習法(これまで既にある程度以上対策を行ってきた人向け)について述べます.

本番の字数制限・時間の制約等を意識して演習を行った後,先ず模範解答を確認して答え合わせを行います.この際,ある程度の学力が既に必要となるのですが(詳細は既述「現代文の学習法」http://wp.me/P6S43T-e5を参照),学習途上の人はひとまず「キーワードを拾いきれているか」に着目して自己採点を行う事を推奨します.

その後に,自分の解答に「赤入れ」を行って模範解答の水準にまで到達した後で,あらためて本文の読解と答案作成を行います(無論時間を測る).そして,模範解答通りの答案作成が出来ていれば,即ち読解が合格水準に到達していると見なして良いという事になります.

この方法を採る事で,読解の正確性を修正していく時間を大幅に短縮出来ます(初動段階で模範「解答」は読んでいるが「解説」を読んでいない事に注目).

Share

再現性のある大学入試漢文の「裏ワザ」

大学受験における漢文の「裏技」について述べます.

やり方は単純で:一字を一単語として“英訳”していきます.
ある程度仕上がったら(全部を完璧に訳出する必要は無いです,というか時間が足りません),訳出された“英文(?)”を読解して,漢文本来の設問に対する解答を導きます.この手順を踏む事で,大抵の大学入試問題には対応出来ます.

尚,上述の手続きからも分かる通り,この技術を使う為には,英語と国語(現代文)が相応の学力に仕上がっている事が必要です.そうでない人が使っても「自爆」に終わるだけの可能性が高いので,念の為注意しておきます.

 

この方法は私が独自に開発したものですが,東大に入学して周囲の人達と話をしてみたら,別途独自に同じ技術を発明して実行して成功していた同期が居たので,再現性は相応にあるものと思われます(前述の通り,幾つかの前提条件は必要と考えられます).

Share

大学入試民間英語学力試験が5年後に先送りとの事で他教科にも一言

ボク言いましたよね!!(CV.山本一郎さん)

萩生田文科相 英語試験 抜本的に見直し 5年後実施に向け検討
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191101/k10012160001000.html

http://wp.me/p6S43T-eD

「大学入学共通テスト」の記述式採点がベネッセに一括落札された件で

「新テスト」記述式問題採点をベネッセグループが落札。民間企業に頼り切りの大学入試改革でいいのか?
おおたとしまさ |育児・教育ジャーナリスト
9/1(日) 11:36
https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20190901-00140773/

 

個人的には,1業者落札自体は倫理観の問題としてもコスト面でも大した話ではないと思っているのですが(要するに「必要コスト」と見るだけの立場),問題はその業務の内訳です.

筆者の存じる限りで,記述式問題の採点方法(予備校等)はほぼ「条件加点・減点」に限られています.無論,東京大学2次試験(個別学力試験)等においてはそんな事はないのですが,腕に覚えのある方は,駿台全国模試や各種東大模試等で「記述式採点」の洗礼をとくと味わって下さい.おそらく「クソゲーもここまでやるか」との感を抱くに違いないと存じます.

大規模記述式採点の場合,基本的には「ポイント(箇所)毎の加点・減点」という方式が採られます(例外は東京大学教養学部で,一人の採点者が各科類毎に全部採点します).という事は,「あまりにも上手くまとめ過ぎてしまったが故にキーワードを外して減点を食らう」受験生も少なからず発生するという事になります.そんなものが公的に「記述式試験」を名乗っていいのか.筆者にはこの点が少なからず疑問であります.

この意味では,今回落札した業者がベネッセ以外でも,更には複数企業であろうとも大差無い.問題の本質は「記述式解答の採点をマトモに出来る人材が足りていない」事であろうと,筆者はつねづね思っています.国立大学の教官を総動員して採点させるという地獄絵図も考えられますが,これ以上の負荷を本来「研究者」たる身分に与える事は,決して適切ではなかろうと思います.

Share

理科特に物理が相変わらず虐げられている件について

過日,必要があって化学(化学基礎・化学)の範囲を復習しておったのですが,さすがに(既知の通り)筆者の受験当時より範囲が広くなっていますね.かつ,生命科学との合流点が見出しやすくなっています.
他方で,物理学との接点については,決して多く語られていない模様です.これが大学に入ると,「化学は物理に,物理は数学になる」との格言の通り,物理化学は非常に重要な位置付けを占める事となります.それを,生命科学との接点を重視したせいかどうかは知りませんが,物理化学との接点を軽視したままでいいのかどうか.

以前に当サイトでも述べていた通り,高校「物理」の履修者はせいぜい2割という有様ですが,これが「3割の理系大学受験生」の多数派を占めるとなると,看過しかねるものがあります.そこを,「物理学との接点は大学に入ってから勉強してね」と一任せで本当に大丈夫なのかどうか.筆者はつねづね,「総合」的科目の位置付けを批判してきましたが,ここへきて「理科総合はやっぱり必要なんだ,それも高校理科最後の段階で」と思わざるを得なくなった有様です.

大学受験指導者(予備校講師)による大学初年級のための参考書も人気健在ですが,民間教育に頼りきっている現状には少なからず不安を覚えます.無論,「意欲的な」大学入学生は筆者などの杞憂に沿わずして自習を充分に補うのでしょうが,それはあくまで少数派です.「大学に入ってから文転しました」などという顛末にならないよう,心から願っております.

Share

大学入試も結局は「日本語の論理」読解が殆どである

過日,東大クラスの演習で添削指導を担当させて頂いておったのですが,ある種の英文和訳(「下線部の意味するところを日本語で説明せよ」;必ずしも「下線部を和訳せよ」とは限らない)を拝見している際に,英文解釈以前の問題として日本語の論理が成っていない答案が目につき気になりました.文章の接続が意味を成していないとか,前文を受けている構造なのに受ける対象が明確でないとか.

こういう事もあるので,筆者は常々「大学受験の基本は国語現代文である」と言ってはばからず,挙句には専門ページhttp://wp.me/P6S43T-e5まで作って方法論を詳述している次第です.

大学受験生の皆さん,今からでも国語現代文に取り組む事は遅くないですよ(タイミングとしては無論相当際どいのですが,今から取り組んでも大学入試本番には十分「役に立つ」事請け合いですよ).

他の科目でも,論理論証を重視される場面は少なくありませんから,現代文の学習を今の時点から導入する事は推奨出来ます.また特に,2次試験で小論文が課される医学部医学科受験生の方などにも,国語現代文の学習は今の内から行っておくべき事を進言します(1次合格発表〜2次本番までの期間では完成に間に合わない恐れがある為).

Share

そろそろセンター試験対策を考えたい時期

センター試験まで,残り100日を切っていましたね.

当サイトでは繰り返し述べている通り,遅くとも11月中には「本番目標得点の9割」を出せるようにしておく,という事に尽きます.よって,そろそろ「セ試向けの特有の対策」学習もが必要となります.国公立大学2次試験や,各私大個別学力試験への対策とのバランスを考えて取り組んで下さい.

Share

天災に即して受験生はどう対応するべきか

台風19号が通り過ぎ,関東地方は見事なまでの台風一過となっています.
さて,そんな台風を含む自然災害に際してですが,入試「本番」に事が起こった場合,受験生は果たしてどう動くべきか.2月の入試繁忙期に台風はなかなか無いかもしれませんが,大雪やあるいは地震のようなものには事欠かないでしょう.

結論としては:先ず自分の身の安全を最優先する.次に,可能であればそのまま試験に臨む事を続ける,です.
筆者はよく,教え子に「試験会場に入ったら先ず建物の安全性を目視しなさい.そして,震度どのくらいまで安全か見積もりなさい」と言っています.冗談でなく.
端的に言えば,震度3〜4くらいだと「地震だ」という事は分かりますが,日本の建物でこの程度で危ない代物はまず無い(なお照明器具等にも注意).よって,試験監督が「試験中断」を告げない限りは,受験をそのまま続けた方が結果有利である,という事です.これは単純に「試験のルールに従う」という事であり,ごく一般的に「定められた規則の下で,適確に競争選抜に臨む」という,当たり前の事に他なりません.

逆に,もし「調整等措置」が採られた場合には,直ちにそれに従って下さい.これは情報処理の一般論問題です.筆者の同期で,鉄道が遅れて該当受験生には試験開始を遅らせる措置が採られたのに,それを無視して遅刻扱い一般受験をした人が居ましたが(結果は不合格でした),そういう単に無謀な,アホな真似をしないように.かく言う筆者も,当日焦って道を間違えたり試験室を間違えたりしましたが,そういうアホは決して真似せず,粛々と制度試験に臨んで頂きたいものであります.

Share