東大合格者数ランキングに見る「日本の大学凋落」への懸念不安

難関・有名大学合格者ランキングの,サンデー毎日・週刊朝日等の「確定版」が出揃いましたね.
これを見て思うところは諸々有るのですが,1つには「今までそこまででもなかった高校の躍進」が人数的に目につく,という点です:特に東大合格者数1桁台での実績をつぶさに眺めていると,その傾向が気になり始めます.

 

他方で,世界の教育における日本の大学が占める位置は,斯くの如くなっています(情報 thanks to 旧友Ralf氏):

Best Global Universities for Computer Science in Japan
https://www.usnews.com/education/best-global-universities/search?country=japan&subject=computer-science&name=

この2つの情報を並べて見ると,「日本の大学は既に逃げられているのではないか」という懸念が,つい脳裏に浮かびます.

 

日本の大学入学選抜事情は前回記事でも概観した通りですが(なお続報「共通テスト、民間活用に大学は及び腰 「合否判定に使わない」東大の方針が影響 疑問の声相次ぐ」https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/403938/),その結果が単にガラパゴス化のみならず「退化」あるいは「斜陽」とあっては,襟を正す暇も無いほどに危機感を持たなければ到底生き延びて(survival)いけないでしょう.

統一試験を骨抜きにしている場合か,と苦言を呈する一方で,「そんな程度では使い物にならない」との評にも異論を呈せない程度と,筆者には見えております.

せめて日本の高等学校がマトモに機能してくれれば,と思わずには居られないのですが….

Share

東大の意向を汲まなければ教育カリキュラムは「骨抜き」になる

元情報はこちらです:

東大、英語民間試験を使わない方向 大学入学共通テスト
https://www.asahi.com/articles/ASL3B51M8L3BUTIL013.html

東京大学はこれまでにも,大学入試センター試験における英語リスニングの得点を合否判定に用いない(配点0)など,独自の意向を強く打ち出してきていました.

また,斯様な論点に際しては,往時幾分ぼかして述べていたものの,当サイト記事でも概観していた通りです(「大学受験コンサルの思う事」http://wp.me/p6S43T-7A).

 

「なんで東大(あるいは国大協)が全国統一試験の結果を無視するの?」と思われる方もあるかもしれませんが,

端的に「そんなものは基準として使えないと認識されているから」

です.

 

現在(まで長らく),東京大学入学試験の英語問題は,主に駒場キャンパスを活動拠点とする教員らによって作成されてきています.(手元に情報ソースが無いのですが,例えば「東京大学新聞」では,しばしば出題者インタビュー等の形で責任発言を取っている記事を見る事が出来ます.)
その中には当然の如く英語ネイティヴ教員も多数在籍しており,外国語教育環境として考えた際にも決して「ぬるくない」し「申し分無い」と評して過言ではないでしょう.

そんな東大駒場教員陣に無視される統一入試制度が,結果「骨抜き」になる此の刺し合い状況.
もはや言うまでもなく,日本の教育の地盤沈下は目に見えており,このままでは「逃げるが勝ち」状態に陥りかねません.

 

これは何も英語に限った話ではなく,”世界トップクラスのカリキュラム”(http://wp.me/p6S43T-7E)を誇る日本の学校教育制度は,一体いつになったら有効に機能してくれるのでしょうか.

Share

国公立大学後期試験への取り組み方

本日までに多くの国公立大学で2次試験前期日程が終了し,これから後期日程に向けてあらためて試験対策に臨まれる受験生も少なからず居る事と存じます.

後期入試対策の原則は,既に当サイトで述べてきている一般の方法論と全く同じです.但し国公立後期は特に残された時間がシビアではありますが,他方では「他の入試日程はおおよそ終わっている=目前の『最終の機会』に集中注力出来る」という意味もあり,必ずしも不利とは言えない程度に「可能性があります」.
「合格したら進学する」との意欲を持って真摯に取り組んで下さい.

 

なお,大学によっては出題形式が前期試験と大幅に異なり,初見時には一瞬問題文が何を言っているのか読解する事に苦労する…といった例も,珍しくない程度に存在します.
しかしこういった場合でも,出題者が問うている事は「高校卒業程度」の範疇を大きく逸脱しません.むしろ,「知っているはずの事柄をいかに縦横に活用して問題文を読み解きほぐし,題意を把握するか」が問われているケースも多くあります.「知らない(初見の)問題を,知っている学修内容で解きほぐす事を,受験生に要求する.」これは前期・後期また国公立・私立の別を問わず,広く大学入試一般に通底する理念なのではないでしょうか.

Share

「ジェンダーレス」とは「2択を自由に選べる」の意なのか

本年4月に開校する千葉県柏市立柏の葉中学校が,”ジェンダーレス対応の制服を導入する”として話題に上っています.

性別問わず、制服のスラックスかスカート選んで
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180206-OYT1T50016.html

平成30年4月に「柏の葉中学校」が開校します
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/270100/p040864.html

柏の葉中学校 開校準備情報
http://www.kashiwaha-e.kashiwa.ed.jp/index.php?page_id=92
(thx to https://twitter.com/hibari_to_sora

記事の内容を見て「Max4択×組み合わせかぁ」と思うのはゲーマーもしくは数学者の悪い癖ですが(苦笑),
…ところで,結局「本質的にはタイプ2択」である事には違いありませんよね?

拙母校で在学中に「制服の『性別規定』を廃止せよ」との議案が生徒総会で否決された(※提案者は後輩)一経験からすれば,時代は着実に前進しているとも言えようかと思うものの,「これで決着とは到底言い難い」との感もなお残ります.

ちなみに筆者自身は,「公立学校で制服規定って,憲法違反レベルの何かじゃないでしょうか」と言い張って私服登校で通しておりました.今回例みたいな形になると,先例に照らして考えれば「14条違反」は通り難いかな,くらいの感触ですけれども.

Share

直前期の過去問題集の使い方

国公立大学2次に限らず,各大学個別学力試験に出願している受験生の皆さんは,さすがにそろそろ「本命校」以外も含めて,過去問演習に取り組まれている事と存じます.(ですから,出願校を迷っているヒマはありませんよ~!?)

ここで1つ注意があります:

それは,過去問題集は「当たらないけれども外れない」という事です.

 

こう言うと,「過去に出題された問題が再的中,ないしは他大学の過去問が的中する場合もあるではないか」と事実を指摘する方もあるかもしれません.
…ですが,この意味で「過去問を的中」させようと思ったら,無謀とさえ言える割に合わない労力が必要となります(それこそ志望校の過去問20年分とか).

 

そうではなくて,大学入試における過去問の使い方というのは,「出題者がこういう事を訊いていますよ」を見て取り,その内容をこれまでの学習成果にフィートバックして得点力に反映する,という一連の流れです.
TOEICにおける「新公式問題集」の位置付けのようなもの,と言えば分かる人には分かるでしょうか.

ちなみに,この「出題者が何を訊いているのか」と類似の業界的言い回しに「この作問の出題背景は何か」という御題目がありますが,実はこの両者の意味合いは大体同じです.個人的には,指導者が受験生に提供すべき知識内容の中で最たるものの一つは「これ」ではないか,とさえ思っています.

Share

当サイト記事の方向性,あり方

健康保険証の表面性別記載を無くしておいたせいか,医師に勘違いされまくる目に遭ったブリザムです.「紛らわしい」のは知っててやっている向きもある訳ですが,初遭遇の間違えられパターンなども…(苦笑)

さて,最近は久しくこの方面の話題に触れていなかった当サイトですが,事情としては幾つかあります:

先ず最大の理由は,拙記事が既に一定の役割を果たしたかな,と思える状況が現にあるからです.
それこそ,典型的な検索キーワード「住民票 性別」や「保険証 性別」で一度はGoogle首位2冠(笑)を達成していた当サイトですが,現在では他の,より分かりやすい記事が出来てきていて,そちらの方がより広く読まれているようです.

もう一つは,筆者である私自身の現在の立場です.
今更な話ではありますが,そもそも私は,この分野で「戦い抜く」必要は無い(有るとは限らない)ものと考えており,その中で「わざわざ戦う」フィールドが直近に見当たらないゆえ,という事情です.
私自身の性別は今もgender fluidに近く,その点では社会生活上の課題が決して全面解決された訳でもないのですが,この分野で完全な「個人プレー」を汎化しないままに記事として書き残しても,得られるものに乏しいのではないか…などという,誠に打算的な根性かも知れませんが.

 

そして,現在の私…あるいは当サイトは,「逆転合格 プロ」の検索結果で最上位として認識されているようです.
「逆転合格」という概念・考え方が,果たして望ましいものなのかどうかはともかく,社会的に職務需要が有るのでしたら,当方には対応する用意があります.
「今」からの国公立2次対策は厳しいですが,実は最激戦時期でもあります(かく言う私も「ここ」で勝っています!).既に使い古された言い回しではありますが,受験生各位には,文字通り最後までやりきって,所期の成果を得る機会として頂ければと願います.

Share

受験生はマトモな「打算」をやってほしい

以前にも度々書いてきているのですが,出願校を決めたら大学受験生が先ず取り組む事はこうですよ:

(拙記事「大学受験コンサルの思う事」http://wp.me/p6S43T-7A より)

●入試本番の大学個別学力試験(いわゆる2次試験)で,合計何点=各科目何点ずつ欲しいんですか,またセンター試験で何点欲しいですか

←●その為に必要な学習取り組みをどのようにしますか,教材は何を使用しますか・それは手元にありますか,その学習の量を時間で見積もるとおおよそ累計何時間・何週間・週当たり何時間ですか,またあなたの志望する入試で課される科目全体への配分の中で,個々の科目に掛ける学習量の位置付け・タイミングスケジュールはどのようになっていますか

←●今から入試本番まで「受験勉強」に使える学習時間・量はおおよそどのくらいですか,また現時点であなたの学力を目標とする入試の得点で測ると,まぐれ当たりでない点数はいくらですか

この中で,センター試験終了後の現時点で出来る分は「今からの事」です.言うまでもありませんが,しかしこれを本当に分かって大学入試に取り組んでいる受験生が果たしてどれほど居るか.筆者の教え子の中でも,見事な「逆転合格」を果たした人の多く(もしかすると殆ど全員)が,実はこの「原則」にきちんと沿った取り組みを行っています.

 

そしてこれゆえに,国公立大学志望者は「出来るだけ早めに出願校を決定して出願手続きを完了してしまう」べきである,という事もまた言えます.「目標」が定まれば,その分多くの残り対策時間を確保出来る訳ですからね.出願状況の途中経過で志願倍率が公表されていたりもしますが,結局「最終」のデータ以外はアテになりませんので,そんなものを眺めて一喜一憂するような事に陥らないように,くれぐれも注意しておきます.

Share

国公立2次出願校の決め方

センター試験の自己採点が終わり,国公立大学2次試験(個別学力試験)の出願先を再考している方もいると思います(当サイトの読者で今さら「再考」されているようでは本来困るんですが…).そこで一応念のため,センター後に出願先を決定する際の「目安」を述べておきます.

●センター試験の得点が予想より高かった場合:
あまりそういう例を聞かないのですが(理由は有るのですが説明割愛します),もしセンターが「思いの外上手くいった」場合にどうするか,という事です.
原則論としては,当初の予定通り2次に出願して「安定合格」を目指せば良い,というかそれが無難です.逆に,センター試験が高成績だったからといって「強気で上げにいく」のは正直に言って危険であり,指導者として推奨出来るものではありません(元々そこまで想定して準備していた人なら別ですが).コーチが「更なる高み」を目指す事を推奨するのはあくまで初動計画段階での話であって,それは決して単なる無鉄砲と混同されるべきものではありません.

●センター試験の得点がおおむね従前の目標・予想通りの範疇だった場合:
2次試験での得点を万全にする対策に移りましょう(直近これまで「センター対策主眼」の学習をしてきているはずですから).また,併願校(私立大学)が存在する場合,スケジュールが厳しくなりがちです.「予備日」を含めた大局計画を立てて一旦見渡して,認識と心の準備を早い段階からしておきましょう.

●センター試験の結果が目標・予想より低かった場合:
先ず,「現実的に出願して合格の見込みが有るか」を,各予備校のセンター・リサーチ等で確認します.予備校の「判定」は参考程度に見ておき(これはセンター成績が妥当水準以上の場合も同じ),実際に2次で合格に必要な得点を取れるのかどうか,過年度の合格最低点情報等からソロバン算数で数値を求めて検討してみて下さい.
合格可能性を見越した場合(※可能性が無いのに出願するのはただのムダです),あらためて2次対策に全力を注ぎます.この場合,併願私大をどこまで生かせるかも要再検討となる事が珍しくないでしょう.
一方,2次出願先を「下げる」場合には,どこまで「無難さ」を見積もるかと,そして何よりも「合格したら果たして本当に自分が進学したい先か」を,よくよく考えておくべきと存じます.一般論として,国公立2次で「安全圏」という概念はあまり無いと思っておくべきであり,決して気を抜かない対応が望まれます.

 

以上の「目安」は,こと国公立後期日程入試の出願先を検討する際にもおおよそ適用出来ます.特に,受験者の志望動向によってはあたかも「前期が本番」となっている実態も少なからずと思いますが,受かってしまえば後期でも「結果は一緒」です.冷静に判断・意思決定した上で,全力で取り組まれる事を祈ります.

Share

センター試験に臨む心構え

今更心構えも何もって感じですが(何故此処を読んでいるのかと…),一応典型的な注意点を念のため:

●各受験科目の復習は直前まで続ける.同室の知人と談笑をしている場合ではない.
●「終わった科目」は原則として見ない.次の休み時間に話をしないのはもちろんの事,2日間受験の人は1日目終了時点では答え合わせをしないように「「特に注意」」!!
ちなみに,答え合わせは2日目終了後の夜の時点から始めて同日中に終わらせる.
●以上を忠実に遵守すると,当然の如く周囲の受験生の声などは聞こえなくなりますが,聞こえなくて構いません.(理由の説明は割愛しますが,理論と実績の裏打ちは存在します.)

 

この原則方針を守らないで良い結果につながる事は無い,くらいに思って頂いても結構です.それでは,これまでに学習してきた全力を発揮しきった成果を出される事を祈っています.

Share

センター試験まで「残り30日」で,一体何が出来るか

当記事を書いている本日時点では実は未だ「35日」あるのですが,駿台センタープレを始めとする模試及びその復習(!)に充てる時間を考えると,実質的にはほぼ「残り30日」という感覚でもそう遠くないと思います.

 

この時期から出来る事というと,1つにはやはり「既に概ね仕上がっている(本番得点が見えている)科目の着実確認」が柱になります.こういった位置付けの科目の得点はセンター総点の基盤を担う事にもなる訳ですから,それこそ本番直前の休み時間まで,可能な限り「得点の安定性」に寄与したいところです.

もう1つ,この時期から出来る事=やっておきたい事として,「単純知識事項の詰め込み」が挙げられます.科目によっては前項と重なる性質の設問もありますが,古文単語や英語筆記の文法単純識別問題対策など,傾向から見て必ず出題される上に独特のクセがある出題分野に対しては,やはり専用の対策を講じておきたいところです.そして,その為のタイミングとして,この今からの「本当の直前期」はなお使えるので,少しでも得点期待値の上積みに資そう,という訳です.

 

ことセンター試験に関しては,「本番がベスト」だった諸先輩の例も多くあります.一方で,ザンネンな事例も数多く存じておりますが,そこは敢えて述べません.
試験本番まで期待を持って,学習に取り組んで頂く事を願うのみであります.

Share