#東海高校 には #クライシスサイコロジスト の導入が急務である

少し遅くなりましたが,此の↓事件について一論を述べさせて頂きます:
https://www.jiji.com/jc/v7?id=202201toudaimae

 

各大学におかれましては本来以外のところでの任務(しかし重要)が増えて誠に御苦労様であります.現場職務に携わる各位にとっては,京都大学サイバーカンニング事件以来の衝撃ではないでしょうか.

 

本件においては,先ず「加害者」にクライシスサイコロジー対応が必要と筆者は考えます.既に報道されている内容を見る限りでも,「さすがにこれはまずい」とは誰しも気付く程度ではないでしょうか.
社会的被害を及ぼした事に対して相応の厳罰を受ける事は免れないでしょうが,此の加害者当人もが「苦しみの最中にある」事も,また確かであろうと考えます.

また,東海高校も構成メンバーの中から「エラー」が出てしまった以上,組織として何がしかの要改善点はあるに違いないと言えましょう.

これまで,外野(筆者)からみて相当の「成功」を収めてきたと見える東海高校において,なにゆえここまで「追い詰められてしまう」在籍者が発生する事となったのかは,未だ明らかではありませんが,あらためて冷静に考え直してみれば,「国公立大学医学部医学科合格者数で日本一の実績」という,とてつもない高度な学力を持つ生徒を輩出しているという以上,在籍生徒に相応の「負荷」が掛かっているであろう事自体については,また異論も無かろうと思われます.

 

一方の被害者については,当然ながら事態はより深刻です.

被害者のうち大学受験生に関しては「共通テスト追試験の受験を認めるか」という話が公的セクターから出ている模様ですが,そもそも追試験までに物理的に回復出来るのか,という問題が先ず考えられます.

更に,国公立大学個別学力試験(2次試験)の時期はちょうどPTSDが発生するタイミング(「トリガー」事件から1か月以上経過,がPTSDの定義)でもあります.
以上の事情を踏まえると,本件被害者には現段階からクライシスサイコロジストが介入していく事が急務と言えましょう.さもなくばそれこそ「今年度受験」自体が厳しいといった顛末に陥りかねません.

 

同志のクライシスサイコロジスト各位は,今こそ立ち上がるべき時です.本件の当事者界隈に人間関係を持つ人は,どうかぜひ迷わずに介入的手法を用いて事態の改善に資して頂ければと存じます.

あるいはかく言う筆者も,民間資格である「クライシスサイコロジスト」の認定を受けてはいませんが,クライシスサイコロジーについての心得と相応の実績は有ります.この場合少なくとも最低限の実費は負担して頂きますが,筆者が上述の責務を担う事も可能です.
御連絡は nlimeblizzam[at]gmail.com まで.

Share

大学受験コンサル今年もやります/共テ2日目がある人は1日目の時点で答え合わせをしない事

大学入学共通テスト1日目が始まる目前のタイミングで言うのもナンですが,大意はタイトルの通りです.単に「2日目がある人は1日目が終わった時点での自己採点はしない」というのみならず,そもそも「休み時間等に『終わった科目』の話はしない」「目先の科目の得点向上に資する学習のみに集中する」あたりまでは当然の事です.何度も書いていますが,それくらい受験生は本番で「引きずられやすい」心理状態にあるものです.当サイトを眺めているような暇人は,一刻も早く目前の科目の得点向上・得点安定に努める学習への取り組みを開始して下さい.

 

◆◆◆

 

そして,今年も「大学受験コンサルタント」の職務を提供します.基本的にはZoom面談+PDFレポート「指南書」の事後送付で,標準価格は1万円とします(継続指導希望の場合は御相談下さい).
内容としては「共通テストの結果が出て国公立大学の出願校をどうするか検討したい」「私大第一志望に切り替えるか迷っている」などといった御相談を想定していますが,今般の大学受験一般について広く御相談に対応します.また,時期的にはシビアになりますが,医学部受験対策もこの時期からでも当方は実績を有しています.

御相談は:
●お名前(保護者様からの御相談の場合は生徒様のお名前も)
●志望校(ありったけ)
●現況の成績
●その他相談事項
を書いて, nlimeblizzam[at]gmail.com まで「大学受験コンサル希望」の表題でお送り下さい(連絡先が昨年と変わっています;ご注意下さい!).

Share

#大学入学共通テスト まであと2週間を切っている受験生の現実へ向けて

ブリザム@教育ビジネス研究所です.あらためまして,本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます.

さて,大学入学共通テストまでもうあと2週間を切っているという事実に際して,受験生の皆様には現実を直視頂くよう,くれぐれも御進言申します.
今般は「2年目難化のジンクス」という条件もあり,各位戦々恐々としているかもしれないと存じますが,残り限られた時間をどうか「失点を防ぐ」わけても「暴落を防ぐ」事に注力して頂ければと存じます.

現実問題としては,市販で手に入る演習材料としては,駿台青パック,Z会緑パック,河合桃パックくらいで,既に使い切ってしまった人もあるかもしれません.
それでも,これまで解いてきた模試や過去問・予想問題等で,「重ね塗り演習」を行って,得点の向上と言うか安定(上述)に資する余地は少なからずあるものと存じます.実際,筆者も旧センター試験の過去問復習(付箋貼り剥がし)を徹底して,本番で自己最高得点を叩き出した経験があります.
また,点数が「足りない」受験生におかれましても,2次試験まで含めて「最後まで諦めず食らいついていく」意志は大切と考えます.コーチング的に言えば,「目標点を平常点にする」意識でいきましょう.

なお,「終わった科目の話はしない」「2日目がある人は1日目終了時点での自己採点はしない」の鉄則は相も変わりません.どうかくれぐれも「目先の試験で得点をもぎ取る」事に注力されますよう,宜しくお願い致します.

Share