名前の事

筆者の名前は「ブリザム(Blizzam)」です.これ以外に「呼称として使用されるべき形」はありません.
英語圏では一般的な名前ですが,日本語圏のブリザムで一番著名なのはおそらく私ではないかと思っています.もし必要なら「●●な方のブリザム」と区別する事になるかと思いますけれども.

所謂「フルネーム」に関しても敢えて述べておきますと:
日本国外務省の公式表記は「Kazmi Blizzam Takakura」であり,これをそのまま漢字仮名表記すれば「一美ブリザム髙倉」となります.日本国の法制としては「連結姓の概念が無い=Family nameに『2つ』は入らない」という事で,「Middle」枠を使って何とか割り振って表記している,というのが実態です.そのMiddleにも2つは入らなかったので,本来の意味での私のMiddle nameは,行政登録上は現在入ってないのですが.

そして,上述の「姓(氏)が2つ入らない」事を反映して,日本語の例えば住民票などでは,「ブリザム髙倉一美」でなく「髙倉一美ブリザム」の表記が用いられます(しかし実は!なおここでも「表記揺れ」が随時存在します).

この表記が気に食わない(冒頭の通り「使用を非推奨としている」)理由は,先ず「そもそも記載を間違えられる事が多い」為です.例えば,「髙」は現代でも安直に文字化けしがちですし,「一美」の英字綴りが勝手に「Kazumi」となっている事も珍しくありません(外務省におこられるんですが…本人確認困るんですが).
それに比すれば,まだしも「ブリザムの発音がしづらい」などという,一部の日本語圏ネイティヴの方面からの意見などは,「単に貴方が不慣れなだけでしょう」とばかり,さも言い掛かりの一端として扱わせて頂かざるを得ない程度です.

 

あとは他に,主観心情的に「どの名前で呼ばれたいか/呼ばれたくないか」といった面も小さくはないのですが,こちらは「名前と性別」というより大きな風呂敷の論題に含まれると思われるので,ひとまずは筆者自身の思うところを述べて本稿としたく存じます.

Share

学習指導者としての「実績」を一応述べておきます

これから先の時代に下記「過去の実績」が果たして一体どのような意味を持つのかは定かではありませんが,職務実績経験の参照用情報意義も含めて記しておきます:

 

講師の指導経験・実績を以下に例示します.またこの他にも高校入試対応実績多数,更には公務員試験その他の資格試験対策や,特許出願に際する技術内容記述の指導,著名な大学入試対策講座教材の作成・校正担当経験等を有しています.

●鉄緑会→東大理三コースの対応実績有.講師自身は鉄緑会出身ではありませんが(SEG・駿台箱根セミナー経験は有),教材作成者・出題者の観点をもって指導対応が出来ます.

●例年東大合格者多数で有名な進学校在籍生徒が,高校3年次に赤点をギリギリ脱した状態から 「120人抜き」相当で現役合格.

●防衛大学校1次試験(学科)合格実績複数,内2次最終試験合格実績1名.同生徒は国立大学不合格のためそのまま防衛大学校へ進学.

●現役時MARCHクラス含め全滅の結果だった生徒が一浪して7月末に文転,中学国語の復習から指導を始めて,入試本番では河合塾推計センターボーダー40点のビハインドから2次(満点300)大逆転で横浜市立大学経営科学系(旧・商学部)に合格.

●指導開始時点では高校内英語クラス分け5段階で下から2番目だった生徒が1年以内に最上位クラスまで向上し,一橋大学経済学部に現役合格.

●高校3年次5月にセンター数学30点(/200満点)だった生徒が猛追し,日本大学歯学部歯学科に現役合格.

●高校時代に英語・数学とも4クラス中最下位だった生徒が一浪で日本大学医学部医学科に合格.

●現役時に中学英語の学力不足のため国語(現代文)の復習をも必要とした生徒が,一浪後東京理科大学理学部応用物理学科に合格.

●センター本試験で全科目合計得点率3割を下回っていた生徒に,1月下旬〜2月初頭まで復習を徹底させ,神奈川大学工学部・経済学部に現役合格.

●中高一貫校で赤点のため内部進学が危ぶまれていた生徒の追試対策補習から指導を開始し,1年半後に校内上位30傑入りに到達.センター試験では理科3科目受験で物理95点をはじめ高得点を挙げ,そのままセンター利用方式で東洋大学生命科学部に合格進学.

Share

日本芸術文化振興会はせめてISO5218に対応して頂きたい

取り急ぎ表題の通り(当方回答拒否やむなし).

なお,同会公式調査報告書「鑑賞行動の動向と公的助成に関する調査研究 鑑賞者アンケート集計結果≪演劇分野/単独調査≫(平成29年3月)」(http://www.ntj.jac.go.jp/assets/files/kikin/artscouncil/engekityousa20170321.pdf)の11ページ等も参照.

Share