自然言語に内在する性差別

英語の「単数形they」に未だ馴染めないブリザムです.”They is…”とかどうにも気持ち悪くて使えずにおりますところ,納得いく説明の出来る方があれば是非御教示頂きたい.

過日も,超優秀な通訳さん(光栄な事に知り合い)に「she」と訳されて「頼むからitにしてくれよ」と反射的にキレそうになった程度には相変わらず大人気無かったのですが(日本語がほぼ通じない主賓に国連人権理事会の論題を伝える余力は無いと踏んでギリギリ黙った分だけ成長したとも言えるのかもしれませんが),ドイツ語の猫が「原則暫定女性」扱い(die Katze)である事と並べて見て「猫並みの待遇を受けた」と思うと,それはそれで中々悪くない気もします:猫は図書館のセキュリティを担ってきた文化史もあるそうなので,其の意味では合っていると言えなくもないので(笑).

そのドイツ語には「敬体としての二人称Sie」(三人称複数形と同じ形)という御苦労様な方法技術が確立されているので,まだしも「頑張れ」という気になれようものですが,他方で実は,当サイトでも使っている日本語だって,全く以て対岸の火事ではありません.

…既に思い当たる方もあるかもしれませんが,日本語の場合はむしろ「一人称」が問題になる事の方が頻発です.
これは「第三者」の話題を介さない,「自分と相手(You & I)だけ」の会話場面でも発生する事情であるゆえに,深刻さの度合としても一段以上重大と思われる由です.勿論,一度でも「経験」した事のある方なら,まず異論は無いかと存じます.

私が知る限りで,日本語一人称で情報伝達上最速なのは「俺(オレ)」です.これはおそらく発音の問題で,文字数(音数)的に同じである「僕(ボク)」よりも大抵の人は速く喋れます.無論,「わたし」は5割増なので最初から枠外です(ちなみに「私」の読み方は「わたくし」が正式のはずですが,発音の長さ云々以前に「堅過ぎて怖い」という理由から,通常の会話ではほぼ忌避されていると思われます).
そして御承知の通り,「俺」や「僕」はおおよそ男性用の位置付けとなっています.一昔前には,地方語で「オラ」が女性でも使える事になっていたという談も聞き及んでいますが,口語でも「標準語」の地位にまでは及ばなかったので,実質望み薄でしょう.あるいはより近年で,元来女性用の「ウチ」が全国区に広まってきた経緯もありますが,こちらも公な標準語の地位を得るには遠い気がします.…と言うか,微妙に「オレ」より遅いので,結局は敢えて選ぶ有難味に欠けます.

此の事情は,「女性(あるいは『男性以外』)にのみ口語一人称のコストが毎回5割増で乗る」事を意味します.それが証拠に,男性で平常時に「私」や「僕」を使っている人を,酒の卓で重要な話題(従って情報伝達速度の最適化需要が生じる)に乗せると,殆どの場合に一人称が「俺」に変化します.
換言すれば,こういうタイプの反応を見せる人は「内部処理上の一人称」が「俺」になっている,という事です.

内部処理(脳内計算速度)においても「5割増のコスト」が乗っているという事になると,特に脳内処理で音声形態を使っている人の場合,単位時間当りに扱える情報量自体もが,実は不利になっている可能性が高まります.
ちなみに私は個人的経験として,初めて英語に触れた際「一人称が”I”一択」であると知って「なんて便利な言語なんだ」と驚嘆した事を,今でも憶えています.と言うか,往時私の「内部一人称」は「オレ」だったはず…なのですが,そこを正直にいったら小学校で散々な目に遭ったので,以来久しく「利害が重大に絡む酒の卓」ですら使っていません.「男装かつ一人称俺」or「女装かつ一人称私」の二択は無理だった,という事です.今にして言える説明ながら.

「性差別が自己主張時(一人称)に乗る」日本語と,「当事者外の場面(三人称)で差別を受ける」印欧語とで,いずれがマシなのか? 私は今なお図りかねています.近年(おおよそ前世紀末頃から,でしょうか)では,匿名掲示板やネットワークゲーム等を介してきたと見られる「総員が一人称は原則『俺』に固定される(標準仕様)」流儀を,オフライン環境に言わば「持ち帰る」形で使い始めた女性に出会う事も珍しくない程度に経験していますが,それにしても「大っぴらな」状況で使うにはなお無理がある感を禁じ得ません.

余談ながら,日本語の二人称(常体)で最速なのは多分「君(キミ)」で,使用経験の限りでは「御前(オマエ)」を上回ります.「おまえ」が「あなた」より速い事を知っている人は少なくないかと存じますが(殊に女性),一応御参考までに.しかし敬体は「貴兄」が男性用なので(「貴殿」は丁寧語ではあるかもしれないが敬体ではないと思われます),性別不問の「汎用化」は模索中であります.

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です